20年前からの自動車の進化パート1

自動車を運転してから20年以上が経ちます。この20年の間に車はかなり進化しています。エアーバッグが今やほとんどの自動車に標準装備されており、運転席だけだったのが助手席にも装備され今はサイドや後部座席を守るためのエアーバッグが取り付けられている車もあります。またペーパーロック現象やハイドロブレーニング現象を防ぐためのABSや横滑り防止のための機構の付いた車も増えています。ボディも柔らかくして衝撃を吸収するクラッシャブルボディや鉄板の厚さで乗員を守るのではなくボディの構造で乗員を守る方法が開発されており安全面に関してはかなり進展しています。運転に関しても20年前はまだマニュアル自動車の比率が高く、オートマチック車は3万円ほど割高な価格設定になっていましたが現在ではスポーツカーカーや商用車以外ではほとんどの自動車がオートマチック車になっています。

太陽光発電 大阪 エコとく堂

純金 買取 価格

パンフレットデザイン 安い

不動産担保ローン 相談